さいたま市障害者協議会

事業内容

平成20年度

平成20年8月24日、31日、9月21日、10月5日、12日、26日、11月16日、30日
(全て日曜日)全8回

家族教室開催事業(身体)

講演 手話の実技指導と難聴者の体験発表
家族間の円滑なコミュニケーションを図るため、基礎程度の手話の学習をします。
場所 大宮ふれあい福祉センター
対象 市内在住または在勤の難聴者とその家族ほか
定員 各35名

平成20年9月12日(金)、14日(日)、10月15日(水)、25日(土)

家族教室開催事業(身体)

講演 「後期高齢者医療制度と障害者」
この制度は複雑で分かりにくい(65歳~74歳の医療費減免措置の障害者はこの制度に加入したほうがよいのか等)
専門家の埼玉県保険医協会講師にお話をうかがいます。
場所
9月12日(金) 岩槻保健センター内(旧身障会館)
9月14日(日) 大宮ふれあい福祉センター
10月15日(水) 岸町公民館
10月25日(土) 与野本町コミュニティセンター
対象 市内の障害者及びこの問題に関心のある方
定員 各50名

平成20年9月21日(日)

家族教室開催事業(精神)

講演 精神科医療について改めて考える。
地域生活支援センターに出来ることは?
【1】講師:日本精神神経科診療所協会副会長 平川 博之氏
「必要な精神疾患への早期支援」
【2】パネルディスカッション
「家族体験から望む医療と社会の役割」
場所 浦和コミュニティセンター 第13集会室
対象 会員・一般市民
定員 90名

平成20年10月2日(木)

家族教室開催事業(知的)

講演 「地域の中で誰もが自分らしく生きていくために」
“地域生活支援事業”についてさいたま市の取り組みや活用例から考える。
講師 さいたま市地域自立支援協議会会長  埼玉大学准教授 宗澤 忠雄氏
場所 埼玉県障害者交流センター ホール
対象 一般市民
定員 60名

平成20年11月8日(土)

生活訓練開催事業(身体)

講演 「動脈硬化の効果的な予防法」 ~血管を若く保つ生活習慣~
講師 自治医科大学附属さいたま医療センター 川上 正舒(まさのぶ) センター長
場所 鈴谷公民館 大会議室
定員 96名

平成20年11月29日(土)

「障害者週間」 市民の集い

講演 「障害者週間」を記念して広く市民といっしょに障害について考える催しです。
10:45~11:30 さいたま市式典
「障害者週間」ポスター、作文表彰
「第8回全国障害者スポーツ大会」結果報告
11:30~12:15 講演 テーマ「食を通して福祉に心温まる一皿を」
講師 パレスホテル大宮 統括シェフ 毛塚 智之氏
13:00~13:30 ジャズ演奏 与野東中学校吹奏楽部
13:30~14:00 合唱 埼玉合唱団
14:00~14:45 ゴスペル ワッツ・ゴスペル・クワイヤー
場所 与野本町コミュニティセンター
対象 市内在住、または在勤の方

平成20年12月7日(日)

生活訓練開催事業(身体)

講演 音声パソコン、拡大読書器等の体験学習。
講演:「視覚障害者のための最先端福祉機器・日常用具の現状」
場所 与野本町コミュニティセンター
対象 市内在住、または在勤の方
定員 90名

平成21年1月31日(土)

生活訓練開催事業(身体)

講演 「身体をとおしたコミュニケーション」
身体の訓練を通して、心も体もほぐすことを目的に実技指導。
講師 春木 豊氏(県立川島ひばり養護学校教諭) 予定
場所 鈴谷公民館
対象 心身障害児・者と家族、介護従事者及び関心のある方
定員 50名

平成21年2月15日(日)

生活訓練開催事業(身体)

講演 心のケアーを主の医療講習
第1部:医師による医療講習
第2部 :ストーマケアーについて
補装具業者による製品展示会
場所 浦和ふれあい館
対象 内部障害者とその家族
定員 100名

平成21年2月28日(土)

生活訓練開催事業(身体)

講演 テーマ「ろうの文化」
一般市民に手話言語への理解を深めてもらい、障害者と交流を図ります。また、ろう者の文化とふれあい、障害者運動がどのようなものであるかを知ってもらいます。
場所 埼玉県障害者交流センター ホール
対象 聴覚障害者、手話を学ぶ方、一般市民など

(注)上記掲載内容は平成20年10月現在の予定で、変更になる可能性もあります。

Copyright (C) さいたま市障害者協議会 All Rights Reserved.

ページトップへ